前へ
次へ

まずは相談して解決方法を見つけよう

不動産を取得するにも売却するにも困ることがあれば、専門家に相談して、早急に解決しましょう。隣との境界、垣根の問題もあれば、下水槽の問題も浮上するかもしれません。前の住民とは仲良しであっても、自分たちとは性格が合わず、人間関係がギクシャクすることもある話しです。登記トラブルでは、購入したのに登記移転に応じないケース、不動産の場合には借金の担保に抵当権が設定されていますが、完済後も抵当権を抜いてくれないケースもあります。不動産はいつの時代に取得したものでも、財産に変わりはありません。不動産を狙う詐欺も少なからず報告されていますから、不動産関連の書類や実印の保管には注意しましょう。住宅取得においては、ローンの返済で困ることもあります。借金返済に関する相談所は多くありますから、ともかく相談をすることが解決方法の一つになります。住宅金融支援機構では、月々の返済で困っていれば、返済法を変更してくれます。

Page Top