前へ
次へ

不動産を買った時にローンを組む

将来的に不動産を買うならば、住宅ローンを組むことも頭に入れておきたいところです。住宅ローンに関しては、審査をすることが絶対に必要になりますので、この審査に通る必要があると言うでしょう。審査に通るかどうかは、収入の額よりも収入に対してどれだけのお金を借りることができるかが重要です。例えば、年収が200万円しかないのに3000万円のお金を借りる事はほぼ不可能でしょう。それで借りることができるとしても、それぐらいの給料ならば1000万円位になります。おおよそその人の年収の5倍ぐらいは借りることができると考えておけばわかりやすいかもしれません。アルバイトの場合でも、お金を借りる事は可能です。ただ最近増えている派遣社員でも住宅を購入する事は充分できるといえます。ただしこの場合も、借りることができるお金はそこまで多くないためその点をよく理解した上で借りるべきでしょう。以前に不動産会社の従業員に聞ければ、妥当な金額を教えてくれます。

Page Top