前へ
次へ

インスペクションは売買のどちらが行うか

中古の住宅の売買には売り手と買い手がいます。一般的なものの売買だと個人が買い手で売り手は業者になることが多いですが、中古住宅に関しては売買の両者が不動産業と無縁の個人になることが多いです。そのために売買の仲介として不動産の専門家である不動産業者が入るケースはそれなりにあります。個人間の売買それも中古においては適正価格がどれくらいなのかがわかりにくく売り手も買い手も困るでしょう。その価格をつけやすくするのがインスペクションになります。インスペクションは中古の建物の状況を調査するもので、売り情報などにインスペクション済みなどと書かれているときもあります。このときは当然売り手が行いますが、実は買い手がインスペクションを行ったり契約前に売り手に依頼して行ってもらうときもあります。売り手が行って出すインスペクションの情報は売り手側が出す情報なので買い手からすると信用しきれないところもあるようです。どちらが行うか、費用をどうするかなどは互いの話し合いで決めなければいけません。

Page Top