前へ
次へ

気になる融資の条件を考えてみよう

私たちがイメージする不動産といえば、土地と建物ですし、相談するなら不動産屋です。不動産投資もあれば、行き着く先は金融機関となります。不動産を取得するには、数千万ものお金を工面しなければなりません。しかし、貯蓄をしたところで、生活費を優先するでしょうから、貯金には手を出したくはないものです。ですから、金融機関から融資してもらう、いわゆる住宅ローンを組むことになります。返済するなら貸します、という話はありません。例えば、借り入れ資格は誰にでもあるわけではなく、直近2年以内に財形貯蓄の積み立てを行っていること、借り入れ申し込みのタイミングで70歳未満であることも条件になります。高齢者は弱者ですが、勤続年数によって、退職金も支給されるでしょうし、税金0、積み立て投資をしていれば軍資金がしっかり積み立てられているでしょう。ですが、完済する時期を金融機関がシミュレーションするわけです。いくら、経済性で不安がなくとも、健康面ではどうでしょうか。大黒柱が病に倒れるなら、そこから先の生活面に不安が出てしまいます。一括で不動産を購入できる、そうした不動産投資で利益を得ている高齢者も少なからずいらっしゃいます。しかし、金融機関がターゲットにしているのは、働き盛りとなる30代です。小さなお子さんがいる家庭、子なしで夫婦二人という家族構成が理想的です。子なしならば、加えて、共働きならば、経済面でも余裕があるでしょう。ペアローンも組むことができたり、ボーナス払いで早々と完済するのもありです。しかし、注意点となるのが、子どもができることも考えなければなりません。住宅の購入も、子どもができる可能性を考えて間取りを考えたり、周囲(周辺)の環境を考えて土地探しからスタートしなければなりません。出産した後は、産休や育休を取るのであれば、住宅ローンへの影響が出ないか、そこまでしっかりシミュレーションしなければなりません。

none

Page Top